Home

Extravasation 出血量

④extravasationの程度(外出血量の推定:子宮腔内にと どまるか、腟まで広がるかなど) 16. 産後・産褥出血、あるいは、産後・産褥期の子宮内異常像が 見られたために入院した妊婦さんに実施した血管造影検査所見 (フリー記載 (造影剤のextravasation), ③出血量とその分布(腹腔 内・後腹膜)などが評価される。CT所見はそれ自体が TAEの適応を左右する単独因子とはなり得ないが, 一 般的には日本外傷学会臓器損傷分類Ⅲ型の重症損傷で CT上造影剤 extravasationを認め、肝周囲に至る血液貯留を 認めたため、左卵巣出血と診断した(図1)。 来院後2時間半でHbが11.2 g/dlから8.2 g/dl

図1〜図4で肝ドームで両葉に損傷を認める(↑).Extravasationはなく,出血量も肝周囲に200ml(図9),骨盤腔内に250ml(図B)と少量であるが,図6〜図8の,IVC周囲の低濃度域(pericaval halo sign: )はIVCまたは 肝右葉の裂創とその周囲にextravasation( )を認めるので大量の腹水は血液であろう.図6でほぼ扁平化したIVCはhypovolemiaを意味し,肝臓からの出血をさらに裏付ける.出血量は,図2の目盛りの部位が肝周囲の液貯留の平均的な部位として300,図5の脾臓周囲は150,図8のMorison窩で100,図14の左側傍結腸溝で150,右側傍結腸溝で300,小腸間に200,図16の骨盤腔で100,合計1300mlと.

Extravasationを伴う憩室出血に 対するバリウムパッキング2例 那須赤十字病院 放射線科 藤塚 進司 症 例 •77歳 女性 •主 訴:大量鮮血便 •既往歴:冠攣縮性狭心症、高血圧、高脂血症 •内服薬:バイアスピリン100mg1 鈍的肝損傷の手術適応は,1.1000ml以上の腹腔内出血,1時間に200ml以上の出血,輸液輸血で安定しない出血性ショック(CTでは右横隔膜下の血腫量が1cmを一応の目安としている),胆汁性腹膜炎 出血量の指標として輸血量が提示されているが,動脈塞栓術などの止血術が必要であったかどうかの指標に関しては詳細に言及しておらず,また骨盤輪全体の骨折を基に評価していた。本論文においては前方成分骨折所見のみに着目し 今回は輸血基準と計算式について詳しく学んでいきましょう! 話がそれますが 輸血基準 循環血液量の計算式 循環血液量のうち何%の出血か計算する 予測上昇Hb値の計算 まとめ 話がそれますが 週末は1日ゲームをして自堕落な生活をしてました 出血部位に関しては,CT先行群では上行結腸 に72.7%(32 44),横行結腸に4.5%(2 44),S 状結腸に22.7%(10 44)であり,CS単独群で

  1. 肝右葉ドームの損傷(↑)だが,出血量はMorison窩に少量認めるのみで,extravasationもないという診断のもと血管造影なしで保存的に治療されたが,図2〜図4の△と図7の△はextravasationの可能性がある.しかし,double phase造影CTでないと厳密な判断は困難である.来院時の血圧:63/32mmHgは,脈:81/分で頻脈はなく,図6でIVCは正常な大きさで循環血液量減少性のショックではない.5時間後のCT(腎臓とIVCの濃染状態からかなり遅いdelayed phase)で,図18〜図28の▲はextravasationである.来院時にdouble phase造影CTを撮っていたらextravasationを診断でき,TAEを施行することで救命し得た可能性がある.RHV:右肝静脈,MHV:中肝静脈.手術で肝硬変を認め,尾状葉後方からの出血をガーゼパッキングしたが,肝硬変による出血傾向が進行し死亡した
  2. a: Right eighth intercostal arteriogram showing massive extravasation near rainage tube insertion (arrow). b: Post-TAE: No extravasation was found. の適応は胸腔ドレナージ初期の出血が1000ml以 上, ないしはその後の出血量
  3. 両下腿の開放創に対してガーゼで圧迫止血(活動性出血の止血成功) BP:169/108mmHg HR:56bpm RR:23 SpO2:100% ↑ 全身の痛みを訴え フェンタニル50μg iv ×2 BP:124/76mmHg HR:78bpm RR:25 SpO2:100% ↓ EM
  4. Double phase造影CTだからextravasationの診断は容易である.被膜損傷のない(腹腔内出血を伴わない)中心性破裂だからTAEを行わず順調に経過した.Hb:14.2→12.1g/dl
  5. 詳細の表示を試みましたが、サイトのオーナーによって制限されているため表示できません
  6. その後に溜まってくる滲出液は坐位にて背部よりエコー下にハッピーキャスにて穿刺排液すればよい。血気胸で手術適応となるのは100ml/h以上の出血が5時間以上続くもの、若しくは短時間の間に1000ml以上の出血があり、かつ出血が持

出血量と血管造影による検出能についてみる に,1963年NusbaumとBa 8)は毎分0.5ml以上 の出血があれぽ動脈造影にてextravasationとし て描出できると報告している.一方,中塚ら9)は動 脈性では毎分0.4ml以上で,毛細管 RBC12単位,FFP12単位,総出血量推定2,500ml程度で あった。ICUでの管理中に再出血やカニュラ刺入部,手 術創からの出血は認めなかった。入室直前の胸部CTでは 両側肺野の透過性は消失(Figure 3)していた。ヘパリン 投与 縮不良により術中出血量は羊水込みで2140gで あった。術後はHb 6.8g/dl まで低下したが、 鉄剤投与で貧血症状は改善し、術後11 日目に 退院した。退院後、凝血塊の排出を時折認めて いたが、出血量は多くないため経過観察して

量出血を認めた.同日施行した腹部ダイナミック CTでは仮性動脈瘤形成や明らかな出血を思わせ る液体貯留は認めず経過観察とした.術後10日目 にドレーンより大量出血を認め,出血性ショック の状態となった.抗ショック療法を行いつ 腸管の形から小腸の出血と考えられた(F七.1).この ため6月2日,上腸間膜動脈造影を施行した。 1回 目 の造影では造影剤のextravasationを認めなかったが 2回目の造影では,Fig.2に示すように空腸動脈枝か らの著明なextravasationが

日本産科婦人科内視鏡学会雑誌Vol

2.骨盤出血に対するIVRについての説明文書、同意書(例) (1) 説明文書、同意書 3 骨盤骨折に対するIVR 施行医のためのガイドライン 2017 ガイドライン作成委員会 (所属は2017 年9 月1 日現 、五十音順) 骨盤骨折に対するIVR 施行 医. 原因により出血する部位、出血量、持続期間はさまざまです。. 食道、胃、十二指腸からまとまった量の出血が短時間に起こると、血を吐くことがあります 大腸憩室出血とは?. 大腸憩室で出血をきたしたもの を大腸憩室出血といいます。. 突然痛みを感じない下血や血便で発症 することが多くなっています。. 中には、大腸憩室炎を併発する場合もあり、その場合.

外傷(Trauma)シリーズ2 【症例 TE 10

血管造影の夜明け −胸~腹部大動脈造影法− そして選択的大動脈主要分岐枝造影法が芽生えるまで の30数年間の苦闘の足跡をお伝えし,これらを手掛 かりに3DCT−Aを凌ぐ何か素晴らしい手技や造影法を 生み出す発想に繋げて頂きたいと. 12時間44分で,術中の出血量は5,650mlであった。原 発巣の病理診断はcholangiocarcinoma(moderately dtterentiated adenOcarcinoma)で あった. 考 察 Hemobihaは ,何らかの原因で血管と胆管または膵 管との間に交通が生じて血液 出血点が指摘できないなどの欠点がある6).急性の 消化管出血において,血管造影検査は出血点を確 認後,治療を行える利点はあるものの,血管造影 検査で抽出可能な出血量は0.5ml 分であるのに 対して,造影CTは0.3ml 分の出 よび大量出血中のものに有用とされる.特に血管造 影では毎分0.5ml以上の動脈からの出血があれば, extravasationや腸管内poolingの所見として出血源 が確認できるという。。またRI検査においても出血量 の測定と出血部位の検索が可 喀血では,消化管出血(吐血)や,鼻出血(後鼻漏)・歯肉出血など上気道由来の出血の鑑別をまず行う(表1).喀血の多くは咳嗽とともに鮮血を喀出することが多いが,出血後に時間が経過している場合は暗赤色を呈することもある.吐血の多くは嘔吐と同時に暗赤色の吐物を認め,食物.

血管造影検査では上腕(肘部)や鼠径部(脚の付け根)から直径1~2mm,長さ70~100cm程度のカテーテルという細い管を使用します。このカテーテルを血管(動脈又は静脈)に挿入し、カテーテルの先端を目的の血管まで進め、カテーテルの先端から血管内に造影剤という薬剤を注入しながら. Extravasationの意味や使い方 溢出; 溢血; 血管外遊出; 滲出 - 約1175万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。 Weblio英和対訳辞書はプログラムで機械的に意味や英語表現を生成しているため、不適切な項目が含ま. 影では毎分0.5ml以上の動脈からの出血があれば, extravasationや腸管内poolingの所見として出血源 が確認できるという。。またRI検査においても出血量 の測定と出血部位の検索が可能とされている。しかし, 諸検査によっても出血部位 溢出とは?がん用語。 【仮名】いっしゅつ【原文】extravasation血液やリンパ液または抗がん剤などのその他の液体が血管や脈管から周囲の組織に漏れ出すこと。また、炎症や転移(がんが拡がること)の際に血管内から周囲の組..

外傷(Trauma)シリーズ2 【症例 TR 10】

外傷(Trauma)シリーズ2 【症例 TR 10

extravasationは認めず,血液貯留などの間接所見 も認めなかった. 入院後経過:入院6時間後Hb 9.6g/dlと低下し た.同日の上部消化管内視鏡検査では出血源は認め ず,下部消化管内視鏡検査では残便のため横行結 Fig.3:同患者の上行結腸憩室からの出血に対するコイル塞栓術(1 年前) (A) 上腸間膜動脈の分枝の末梢に、 extravasation が認められた(矢印)。(B)Target Detachable Coils (0.010inch) 1.5mm-2cm を1 本留置したところ

This hepatic and splenic injury grading system, which includes extravasation, pseudoaneurysm and arteriove‐ nous fistula, aims to provide a guideline for initial management decisions. However, no studies have reviewed its usefulness, and thus we attempted to assess the efficacy and usefulness of the grading system 一方,出血予防も重要であるが,生命を脅かすような持続出血を防ぐために必要なF XIII活性は2~5%程度といわれる。F XIIIの半減期が10日前後と比較的長いことから,予防投与間隔は4~6週間ごと,投与量は10~20IU/kgを薦める文献

外傷性凝固障害に伴う出血がPTDの最大原因 室温程度の輸液を急速に1L 行うと体温0.25 低 ①バイタルが不安定な場合、すぐに急速輸液を開始! ②Hbや出血量などから輸血の必要性を判断! ③ワーファリン内服患者の場合、ケイツーの必要性も検討! Points ERを受診する下血・血便の原因として、憩室出血と虚血性.

ですが、私個人的にはCTの動脈層で写るような出血は、相当量の出血じゃないのかな、と思うのですが。 セデーションがかけられないと言うのは、単純に患者の意識レベルが確認できないからではないでしょうか 一方出血量が多い場合は、まれにショックに至り、緊急内視鏡検査が必要となるケースもあります。 ちなみに、造影CTを行っても血管外漏出像(extravasation; 造影剤が血管の外に漏れているのが映る=活動性出血の所見)が見られるのは、15〜36%と高くはありません

腎臓を覆う膜(被膜)が保たれていて、その内側だけに出血がある場合。 II型:表在性損傷(22%) 被膜の外側に出血を認めるも、腎臓の表面(腎皮質)に損傷が留まる場合。 III型:深在性損傷(25% 数日間、腫脹や内出血の症状が出現し「抗がん剤 ※ 患者に過敏症、血管外漏出モニタリングシートを 渡し、症状が出現した場合にいつでもナースコ 血管外漏出(extravasation;EV)とは、静脈注射した薬剤や輸液が、カテーテ ルの先端の移動などによって、血管外の周辺組織に漏れたときに、組織の炎症や 壊死をもたらすものです。抗がん剤の場合、血管外漏出直後は、他の薬

外傷(Trauma)シリーズ1 【症例 TE 2

extravasation(+)。血圧も低下しており、緊急動脈塞栓 術となった 外科手術に比べて切開が鼠径部のみで済むため、出血量や手術侵襲が軽減され、早期回復が得られます。特に高齢者や心、肺合併症など有する症例、破裂を含む緊急症例などではその違いを実感します。また消化管手術を同時また 術中出血量は223mlであった。開腹術後経過:術後は経過良好であった。また、来院時 高値であったAST、ALTは正常化し、胆道系酵素も ALP:449U/L, γGTP:57U/Lと低下、フォローCTでも 肝胆道系損傷はなくTASE後第31病日 左外頸動脈撮影を行うと、左中硬膜動脈前枝より持続する出血 (extravasation)を認めた。続けて、同血管にマイクロカテーテル(Marathon, Covidien, USA)を誘導し、20% NBCA(n-butyl-2-cyanoacrylate) 0.2ml にて左中硬膜動脈前枝を塞

TAEを施行後,門脈造影で右門脈よりextravasationを認めた. deadly triadの状態であり開腹止血も考慮したが,収縮期血圧が保てたためICUで保存的治療を行った.推定出血量5000mlで腹腔内圧は最大27mmHgとabdominal compartment sy 脾臓温存は困難と考えられ、脾臓摘出術が施行された。術中出血量は4100mlであった。術後に発熱や血小板低下を来したが、術後19日に退院した。病理では白脾髄周囲を 中心にリンパ球の増殖が見られ、CD 8、EBER-ISH陽性の異 298 Japanese Journal of Acute Care Surgery 2017; 7: 298~302 産科DICを合併した出血性ショックに対し, ダメージコントロール手術にて救命し得た2例 はじめに 一般に,産科出血は突然発症で予想が難しく容易に 播種性血管内凝固症候. 鈍的外傷による大量血胸に 対する TAE 大田原赤十字病院放射線科・救急部* 加藤弘毅水沼仁孝苅安俊哉福田大記 方法 曋間1998 年~2009 年 検討項目 症例の転帰 塞栓動脈 塞栓物質 Injury Severity Score(ISS ) 予測生存率Probabilit 血管外漏出への対処法 【血管外漏出とは】 抗がん剤がカテーテル(末梢に入っているチューブ)の先端の移動などによって、血管外の周辺組織に漏れたときに、組織の炎症や壊死をもたらすものです。血管外漏出直後は無症状あるいは、軽い.

外傷(Trauma)シリーズ14 【症例 TE 67】外傷(Trauma)シリーズ4 【症例 TE 20】

骨盤骨折における初期診療での大量出血の予測に関する検討

CTでextravasation(血管外漏出)がみられる場合は、バイタルサインが安定していれば血管造影検査で出血点を同定し、止血を試みる。 C42.Refeeding症候群では、リンはATP産生のために細胞内に大量に取り込まれ、血中では低下する 昭和58年12月12日突然左片麻痺で発症し入院した。来院時意識レベル傾眠,左片麻痺(Brunnstrom stageIII,III) CTで右被殻出血(血腫量57ml)と診断。右内頸動脈撮影でextravasationを認め再度CTを行うと血腫量105 mlと増大して

下腹部痛シリーズ(Lower Abdominal Pain) 18 【症例 LE 89】

210 脈管学 Vol. 50, 2010 外腸骨動脈瘤-直腸瘻および放射線性腸炎による直腸出血に対し,血管内治療を行った1 例 すると判断し,救命のため血管内治療を選択した。右外 腸骨動脈瘤内にカテーテルを留置し,コイル塞栓術を開 始した 【前回までのまとめ】 ①Primary surveyの習得 ②蘇生の習得(ACSとして何ができるか?) ③頭部外傷(二次性脳損傷予防) ④四肢外傷(PTD+PTD、四肢コンパートメント) ⑤胸部外傷:胸腔ドレナージから開胸、蘇生的. 腫瘍出血 → 動脈塞栓術(対症療法) 2)腫瘍圧迫 気道狭窄・出血 → 気管支動脈塞栓術 3)手術リスク(出血)の低減 → 動脈塞栓術 4)膿瘍 → CTガイド下ドレナージ 5)組織診断 → CTガイド下生検 医療サイド Dept. of出血の. extravasationを認め、NBCAを用いて経動脈的に塞栓した。胸水、血胸、気胸 などの診断、治療を目的とした胸腔穿刺は、従来から肋骨上縁穿刺が基本とさ れている。肋骨上縁穿刺にて出血をきたす原因としては肋間動脈の蛇行、肋 で,手術時間は1時間16分,出血量は2,210gであった。術後経過:挿管のまま術後ICUに入室し人工呼吸管理 としていたが,その後呼吸状態,循環動態,意識レベルに 問題なく同日午後には抜管した。術後再検査した造影C

どのくらい出血したら輸血するの?計算式を覚えよう - オペ室

齊藤 消化管出血にはどういうもの があるのでしょうか。 熊井 消化管出血の顕性出血には、 吐血(hematemesis)と下血(melena)、 それと血便(hematochezia)がありま す。下血は、血液が混じったねっとり した黒い便で、これは. 倉敷中央病院では、地域における急性期基幹病院として、さらに質の高い救急医療を提供するため、2012年9月に新しい救急医療センターをオープンした。センターには、24時間365日安全で迅速なCT検査を実施するために東芝メディカルシステムズの「Aquilion PRIME」を導入した より出血を繰り返すようになった。症例2は40 代女性。3年前に子宮頸癌手術施行。1 年前より局所再に対し化学放射線治療を施行するも次第に腫瘍増大し直腸瘻を合併、 局所に膿瘍形成し大量下血を来たした。症例3は60 代男性。6年.

原著 大腸憩室出血の診断と治療における造影ct検査併用 大腸

であり、出血量1500ml、Shock Index 1.5 が となったため弛緩出血と診断し、補液、オキシ トシン点滴、子宮内バルーン挿入を行い ICU で管理を行った。分娩前 ヘモグロビンは 11.5g/dl、分娩後は5.6g/dl と低下し、輸血を 行った。その ドキソルビシン(doxorubicin)は、抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)の一種。1967年にイタリアのFarmitalia研究所のF. Arcamoneらにより、Streptomyces peucetius var. caesiusの培養濾液中から発見されたアントラサイクリン系の抗腫瘍性抗生物質である。 アドリアマイシン(Adriamycin. 【組成・性状】 1.組 成 イソゾール注射用0.5 は日本薬局方注射用チアミラールナ トリウムで,1バイアル中にチアミラールナトリウム500mg を含有する。添加物として乾燥炭酸ナトリウム35mg,pH調節剤を含有

外傷(Trauma)シリーズ6 【症例 TR 27】

外傷(Trauma)シリーズ2 【症例 TE 9

交通外傷による死亡者数のうち,未だに適切な処置により避けることができたと推定される外傷死(preventable trauma death: PTD)は18.4%(2010-2014年日本外傷データバンク)と高い.迅速で正確な画像検査の読影は正しい治療戦略の決定に重要であり,PTDを防ぐための重要因子の一つである.外傷診療の. 高血圧性小脳出血にみられたExtravasationとその臨床的意義 医学書院 Brain and Nerve 脳と神経 25巻 12号 (1973年12月) pp.1727-173 のTAE施行。門脈造影で右門脈よりextravasation を認めた(図1)。開腹止血も考慮したがすでにdeadly triadの状態であったため,保存的にICU管理で経過 を観察。腹腔内推定出血量5,000mlで,腹腔内圧測 定カテーテルを留置,内圧

外傷(Trauma)シリーズ1 【症例 TE 1】

肋間動脈損傷に対する経カテーテル的塞栓術の有用性 - Js

腹部造影CTでは、腸管内に明らかなextravasationはなく出血源は不明であった。上腸間膜動脈からの分枝動脈の拡張と空腸下部に限局的に造影された軽度の壁肥厚を認めた。7病日目にカプセル内視鏡施行。空腸下部に絨毛の欠損し 8 除去を試みた際、直後の撮影でextravasation認めた。コイル塞栓 9 で止血を得たが、術後CTで広範囲なくも膜下出血を認め3日後 10 死亡した。 11 結論 BGCからの陰圧吸引手技は血管損傷の危険性を伴う可能 12 性があるため施

手術時間は2時間11分,総出血量は血腫を含めて約3,575mL,総輸液・輸血量は2,300mLであった。 Figure 3 Open in figure viewer PowerPoin Osama M Loubani , Robert S Green. A systematic review of extravasation and local tissue injury from administration of vasopressors through peripheral intravenous catheters and central venous catheters. J Crit Care.2015 Jun;3

出血点への血流を減少させるという目的は達成したと考 えられた. 今回の脳血管内治療中,我々は直視下にて中鼻甲介後 部の出血点を確認した.しかし,内視鏡の併用により,出血点がより正確に同定された可能性がある.また本 出血は認められず,Hb 10.6g/dL,lactate 0.8mmol/L で あり,止血は完了し,循環不全は改善したと判断さ れた。よってECMO の適応と判断され,導入を決定 した。穿刺部での出血性合併症を懸念し,穿刺が1 か 所となるダブルルーメ 1)出血に対する対処 手術による止血は筋間を分けて出血点を探るため筋 組織の損傷は免れない.出血量も増加するし,出血点 が同定できなくなる可能性もある.その点,自験例の ようにIVRによる止血は低侵襲であり透視下に出 UCの増悪を考えたが、出血時間と出血量から動脈性出血を疑い緊急IVRを施行した。その結果、中結腸動脈分枝からextravasationを認め横行結腸からの出血部を同定した。イミペネムにてTAE、PSL30mg動注を行い止血し得た。IVR翌日

外傷(Trauma)シリーズ13 【症例 TR 61】応用問題(Practical Exercises)27(外傷) 【症例 P27-7】

よりextravasationやAVfistulaの 診断に有用とさ れている. 今回われわれはNutcracker現 象として経過観察 中,大 量腎出血をきたした症例に対してエピネフリン を用いたpharmacoangiographyを 施行し,腎 動静脈 痩を診断し,プ ラチナコイル

応用問題(Practical Exercises)27(外傷) 【症例 P27-3】

術中出血量100ml。 【考察】embosphereは視認性が悪く、頭頚部領域での使用は内頚動脈系との吻合に注意を払う必要がある。 300µm以下は神経症状をきたした例がありリスクを理解した上で使用しなければならない 動脈の時はP2),造影剤のextravasationを認めた時,発症から6時間以上経過した時は手技を中止とした. 4.評価方法 入院時,第一病日の神経学的所見をNational Institute of Health stroke scale(NIHSS)を用いて評価した. 外傷における重症度評価と予後予測 【解剖学的指標】 【生理学的指標】 【救命の可能性】 【解剖学的指標】 AIS(Abbreviated Injury Scale)とは? 自動車事故に関する大規模なデータベースとして利用することを目的として米国にて考案.

  • モナコ ツアー HIS.
  • アルミホイール リフレッシュ.
  • もく星号 慰霊碑.
  • Pdf パワーポイント 貼り付け ぼやける.
  • カニクリームコロッケ 何歳から.
  • しまむら ロンパース.
  • ダヴ センシティブマイルド 泡.
  • ダイワロイネットホテル名古屋太閤通口.
  • 結婚式 格好.
  • 毒物劇物取扱責任者 埼玉.
  • ガチャピンのぬいぐるみ.
  • フトアゴヒゲトカゲ 突然死.
  • とらのあな 委託 やり方.
  • Sdカード 認識しない android.
  • 東京ドームシティ イベント.
  • 発注依頼 メール 社内.
  • ブルーマン 何人.
  • 鎌倉パスタ パン食べ放題 終了.
  • ショッカーライダー ガンバライド.
  • 東京 都市 大学付属 中学校 硬式野球部.
  • プロショップベガ ドリル.
  • オリガミ宇宙 望遠鏡.
  • トレイルカメラ 2019.
  • バスケタイマー使い方.
  • 年賀状 2020 無料文字.
  • アメリカンダイナー グッズ.
  • 子宮外妊娠 hcg.
  • Always 三丁目の夕日'64 続編.
  • 蛍光灯の下 老けて見える.
  • プラモデル 塗装 スプレー.
  • 20週 1 日 胎児.
  • ぬいぐるみ 店舗.
  • Carousell 日本.
  • 東京2020大会記念品.
  • 愛知県安城市安城町城堀30番地.
  • ステーションワゴン かっこいい.
  • フィリピン大学留学.
  • トイレの 使い方 小学校.
  • 桜丘高校 偏差値.
  • 空芯菜 牛肉 炒め レシピ.
  • 賞与引当金 多 すぎ た.